活用事例からグループウェア導入の是非を判断する

大企業だけでなく、近年は中小企業の間でもグループウェアの導入が相次いでおり大きなムーブメントとなっています。導入を検討する企業も当然増加していますが、その際には活用事例を実際に知ることで自社に導入する是非を判断する手助けとなってくれます。活用事例はグループウェアの販売ベンダーがウェブサイトなどで公開しており、数多くの事例を知ることが出来ます。



これらの事例集の中から自社と同じ業務を取り扱う企業や、社員数などの各種資産の近い企業の活用事例に触れることができれば、なお一層導入によって得られるメリットやデメリット、運用の可否なども見えてきます。

お手軽な日本経済新聞についての情報はこちらです。

活用事例では導入にあたってなぜグループウェアを導入したのか、特定のベンダーのソフトウェアを選んだのかといった情報も得られます。数多くのグループウェアがベンダーから提供されている現在、絞り込む理由を知ることで選定の参考となります。


例えば選定にあたっては分かりやすい料金体系を重視したり、あるいは機能構成を重視したりと多くの理由があります。

また海外に多くの支社を持つ企業の場合、社員同士のコミュニケーションがとても重要となりますが、そのツールとして活用している事例もあります。



導入検討にあたってはこのような活用事例を見ていくことで自社で必要な機能を絞り込んだり、導入における利点を周知させたり、ベンダー選定の重要な情報となります。
活用事例に触れることでより導入の成功へと近づけます。






ページ上部へ