グループウェアサービスの比較

ソーシャルネットワークサービスは、今やプライベートだけはなくビジネスにおいても重要なアイテムになりつつあります。日本人には抵抗がありますが海外ではフェイスブックを履歴書や名刺の代わりに利用したりすることもあるそうです。



一概に海外と日本を比較することは出来ませんが、日本でも連絡手段としての無料通話アプリや各種メーラー、情報収集のためのツィッターなどは盛んに利用されています。

しかしプライベートとビジネスの線引きは難しいものです。

そのようなときに社内ソーシャルネットワークサービスとも言えるグループウェアはとても便利です。

今では大手新鋭含めて多くの会社がグループウェアサービスを提供しています。

料金に関しても最近はクラウドサービスを使用した無料サービスをうたうところが多く、その為社員が使用する端末を選ぶ必要もなくまたホスト側に専用ソフトやサーバーを構築する必要もないため導入にあたってのハードルが大幅に引き下げられています。

Twitterについて紹介しています。

比較してみますと有料サービスと無料サービスの違いはもっぱら使用できる機能にあるようです。



基本機能については無料で使用できるが、その他の上位の機能についてはオプションということで別料金扱いになるのです。


グループウェアを導入するにあたって既存のソーシャルネットワークサービスに無いものと考えた場合、電子決済機能があります。

もちろん社内全体の情報を一つのファイルやフォルダとして閲覧できる機能など他にも重要な機能はあるのですが自社にとって何が必要なサービスなのか、どのサービスがオプションなのかをよく考える必要があります。
その上で各社の提供する基本サービス、必要となり得るオプションサービスの料金等を比較し導入することが大切です。





ページ上部へ